鹿島カントリー倶楽部は新クラブハウスが完成し7月16日オープン

  • 投稿日:
  • by

 福島県の鹿島カントリー倶楽部は、昨年12月より建設に着手した新クラブハウスとスタートハウスが完成し、2014年7月16日にオープン致しました。新クラブハウスの特徴は、厨房と浴室をハウス内に造らなかった事です。浴室に代わるものとしてシャワールームが有り、厨房のみはスタートハウスへ設置したとの事です。

 この度の新クラブハウス建設には、中小企業庁の「中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業」の補助金を活用したとの事です。申請手続きは2度に渡り行う必要が有り、第一次申請は地域のグループで行い、第二次申請は各社毎に行うとの事です。申請から許可までの期間は、通常3ヶ月から4ヶ月間です。

 福島県商工労働部産業創出課に依りますと、通常浜通りから海側に向かったエリアが対象地域で、グループ補助金と呼んでいる当該補助金は、国が2分の1県が4分の1を補助し、その金額は無償であり返済無用のものとの事です。かつて東コース、西コース、南コースと27ホールを擁した同コースは、2011年3月以降東コースと南コースによる18ホールにて営業しております。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鹿島カントリー倶楽部は6月4日より仮営業開始