PGMホールディングス(株)の代表者交代

  • 投稿日:
  • by

 PGMホールディングス(株)は、2014年6月23日に代表取締役の交代を明らかに致しました。神田有宏氏が退き、新たに取締役副社長の田中耕太郎氏が就任しました。前代表取締役の神田氏は、ローンスター系の投資ファンドから、パチンコの(株)平和へ経営主体が変更に成ると共に代表取締役へ就任し、その体制整備や収益性の向上に努めてきておりました。

 新たに代表取締役へ就任した田中耕太郎氏とは、

  • 1962年08月 生まれ
  • 1985年03月 日本大学農獣医学部卒業
  • 1985年04月 エスティティ開発(株)入社
  • 2004年04月 パシフィックゴルフマネージメント(株)入社
  • 2009年03月 同社取締役就任、PGMホールディングス(株)取締役就任
  • 2010年12月 同社代表取締役社長就任
  • 2011年03月 PGMホールディングス(株)取締役副社長就任

と言う経歴です。

 この度の代表者交代は神田氏自身からの申し出により、実現したものとPGMホールディングス(株)広報は伝えております。尚、PGMプロパティーズ(株)、パシフィックゴルフマネージメント(株)、総武カントリークラブ(株)、PGMプロパティーズ3(株)の各代表者に付いては、変更は無いとの事です。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
SGMクラブ会員補充募集を1月1日より開始中