武蔵カントリークラブ笹井コースは4月1日に仮オープン

  • 投稿日:
  • by

 埼玉県の武蔵カントリークラブ笹井コースは、2014年4月1日に仮オープン致しました。昨年5月7日よりクローズして行われてきたコース改造は、本年3月末をもって終了しました。グランドオープンは9月12日を予定しており、その間約5ヶ月は芝の養生、駐車場やアプローチ練習場の整備に当てる計画との事です。

 グリーンには007を採用し順調に活着した様ですが、蒔き芝ですので4年継続して施用して行く必要が有り、管理は大変に思われます。その他フェアウエー関連も問題ない様ですが、唯一ティーングランド周辺は荒れており、主にこの部分に於ける芝の活着が、思わしくない様です。

 巨匠・井上誠一氏の最後の弟子と言われた大久保昌氏による改造は、これまでの単調なコースから、美しく戦略性の高いコースへとリニューアルした、と関係各位からの評価です。コース改造には約4億円が費やされたのですが、全て内部留保資金にてまかなう事が出来たとの事です。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
武蔵カントリークラブ笹井コースは5月7日よりクローズ