越谷ゴルフ倶楽部は今夏からバミューダ芝を採用

  • 投稿日:
  • by

 埼玉県の越谷ゴルフ倶楽部では、バミューダ芝の新種であるチャンピオンドワーフを、今夏より採用する事に成りました。

 今までは高麗とベントのツーグリーン体制にて営業してきたのですが、河川敷と言うコースの特徴から、度々冠水する過程に於いて、ベントグリーンの傷みが激しいにも拘らず、練習グリーンで試験的に採用していたチャンピオンドワーフは元気だった様です。

 この経験から、この事が有る意味自然条件下での試験と成り、好結果を得られた事から採用に踏み切ったとの事です。

 バミューダ芝は暖地型芝で有るにもかかわらず、パッティングクオリティーがベントグリーンに良く似ており、プレーヤーのストレスも少ないのが特徴だと言われております。既に茨城県の筑波東急ゴルフクラブでは、2012年夏よりバミューダ芝の一種で有るティフドワーフを採用しております。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
越谷ゴルフ倶楽部では10月1日より新18ホールズで営業開始