太平洋クラブの更生計画案が明らかに

  • 投稿日:
  • by

 太平洋クラブグループの更生計画案が、2013年9月下旬に明らかに成りました。

< 太平洋クラブグループとは、下記9社を指します。>

  • 太平洋クラブ
  • 太平洋ゴルフサービス
  • 太平洋アリエス
  • 太平洋ヒルクレスト
  • 太平洋ティ・ケー・エス
  • 太平洋トリアス
  • 三笠観光開発
  • 太平洋ゴルフサポート
  • 太平洋ゴルフスクエア

< 法的整理に至った要因 >

  1. ゴルフ場買収により1998年3月期以降、恒常的な赤字状態。
  2. ゴルフ場買収に伴う有利子負債の増加。
  3. 減損会計が適用され、2006年3月期には約474億円の債務超過となる。
  4. 2008年のリーマンショック以降、預託金償還請求が増加。

< 更生計画案 >

  1. スポンサーであるマルハンより拠出される出資金を基に、太平洋クラブグループ保有17コース一体での再建。
  2. 太平洋ゴルフサービスを除きその他更生会社5社は、太平洋クラブを存続会社として合併。
  3. 退会会員へは、債権額の11.82%を一括弁済。
  4. 継続会員へのは弁済率は11.82%で、債権額の10%を20年据置の預託金として再預託し、残額に付いては一括弁済。
  5. 会員資格継続を希望し再預託しない会員へは、債権額の5.59%を一括弁済。

 尚、選択期間内(更生計画認可決定日より2か月後の応答日)に、管財人へ何らかの通知を行わなかった会員は、退会扱いとなるとの事です。又、別表では太平洋クラブ、太平洋アソシエイツ、太平洋宝塚クラブの会則が、明らかにされており、その中で一般社団法人を設立する事を明らかにしております。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
太平洋クラブは8月30日に更生計画案を提出