相模湖カントリークラブは9月より女性の入会制限を撤廃

  • 投稿日:
  • by

 神奈川県の相模湖カントリークラブは2013年9月より、女性の入会に関してその制限を撤廃致しました。入会希望の女性が、男性名義の会員権を取得して、入会申請が出来る様に成ったのです。これは2013年9月10日に開催された、クラブ理事会に於ける決定に拠るものです。

 この決定の背景には2011年3月にクラブハウスが大幅にリニューアルされ、施設が充実した点が大きな要因となっております。女性施設が格段に充実しました。女性用トイレ、お風呂、そしてロッカー等が清潔感の有る、そして機能的な内容へ整備されたのです。

 例えばロッカーは従来50個だったものが、78個へ増設されました。又、以前はロッカーからお風呂場までの移動に関して、わずらわしさを感じる来場者も多かった様ですが、この動線をスムースなものへと改善されたのです。

 以前女性の会員数は、全会員数の約10%との制限がありました。しかしこの垣根が取り外された事により、女性にとっては入会の選択肢が増えた事に成ります。

 会員権の名義書換に付いて、現在クラブでは名義書換料を減額して対応しております。例えば正会員ですと通常100万円とプラス消費税が必要なのですが、この金額が30万円とプラス消費税で済むのです。そしてこの措置を9月30日で締める予定でしたが、更に延長して今年の12月末までの入会申請受け付け分まで、適応するとしております。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
相模湖カントリークラブでは8月より新規内容にて会員募集予定