太平洋クラブは入会条件から外国籍を撤廃

  • 投稿日:
  • by

 太平洋クラブは2013年5月22日より、クラブへの入会条件である外国籍条件を、完全に撤廃致しました。日本に在住の外国籍の方は、ゴルフ会員権購入に当り、譲渡者の属性を無視して良い事になりました。これまで外国籍の方のクラブに於ける割合は決められており、入会希望者は外国籍者名義のゴルフ会員権を購入しないと、入会申請が出来ませんでした。

 この度の改定は太平洋クラブのスポンサーに(株)マルハンが選定された事と、全く無関係とは思えませんが、如何にゴルフ会員権を流動化させ、名義書換料収入を確実に確保していくかは、クラブ運営の大きな課題であり、手際の良さを感じさせます。

 しかしながら弊害も有ります。改定以前に於ける外国籍名義のゴルフ会員権価格は、通常、日本国籍名義の会員権価格と比較した場合、1.5倍から2倍近い市場価格を付けておりましたが、条件緩和によりそのプレミア性が毀損されてしまった事です。

 ところで本年8月末には太平洋クラブの更生計画案が、東京地裁へ提出される見込みであり、どの様な内容に成るものか、ゴルフ業界はもとより内外より大きな関心を持って観られております。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
太平洋クラブのスポンサーはマルハン