オリックスゴルフグループは3月31日にゴルフ場会社を再編

  • 投稿日:
  • by

 オリックスゴルフグループは2013年2月21日の官報にて、ゴルフ場会社を再編する事を明らかに致しました。オリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社は、OGI-1合同会社の権利義務全部を承継して存続し、OGI-1合同会社は解散します。これが第一合併です。

 その後、オリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社は、OGI-2合同会社の権利義務全部を承継して存続し、OGI-2合同会社は解散します。これが第二合併です。この2段階の合併を経て、運営会社であったオリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社は、ゴルフ場の保有会社とも成ったのです。この再編による効力発生日は、2013年3月31日です。

 関東エリアに於ける傘下のゴルフ場は、下記の通りです。

  1. 小名浜カントリー倶楽部
  2. ニュー・セントアンドリュース ゴルフクラブ・ジャパン
  3. ディアレイク・カントリー倶楽部
  4. 東ノ宮カントリークラブ
  5. アゼリアヒルズカントリークラブ
  6. ひととのやカントリー倶楽部
  7. 富士OGMゴルフクラブ出島コース
  8. かすみがうらOGMゴルフクラブ
  9. おかだいらゴルフリンクス
  10. 東千葉カントリークラブ
  11. 富士OGMゴルフクラブ市原コース
  12. きみさらずゴルフリンクス
  13. アドニアス小川カントリー倶楽部
  14. 武蔵OGMゴルフクラブ

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
オリックスグループ2コースの会員募集は12月31日にて終了