日本ゴルフ協会は2012年11月末アマチュアランキングを発表

  • 投稿日:
  • by

 公益財団法人日本ゴルフ協会(JGA)は、2012年12月7日に11月30日時点での、男子アマチュアランキングを発表致しました。これは7月の日本アマチュアゴルフ選手権競技終了以降、文部科学大臣杯争奪全日本大学・高等学校ゴルフ対抗戦終了時までの、獲得ポイントにより集計されたランキングです。以下は1位から10位までの選手です。(敬称略)

  1. 松山英樹
  2. 小西健太
  3. 比嘉一貴
  4. 堀川未来夢
  5. 小浦和也
  6. 松原大輔
  7. 佐藤太地
  8. 北村聡馬
  9. 加藤龍太郎
  10. 佐藤大平

 ランキング対象者は2,002名であり、その順位は1位から1,931位までとなっております。

 100位までの年齢構成をみて見ますと、95位にランキングされた田辺一成選手が、最年少であり13歳です。最高齢は66位にランキングされた、48歳の田村尚之選手です。この様に年齢層を見ますと、多岐に渡っている様に一見見えますが、100位以内の所謂日本のトップアマチュアの中で、25歳以上の選手は3名のみとなっており、その他97名の選手は13歳から22歳までで構成されています。

 つまり社会的には中学生、高校生、大学生と言う身分です。競技ゴルフの低年齢化が進んでおり、集中的に毎日訓練する者が、上位を占める結果となっています。社会人の技術、或いは経験則などを凌駕するパワーを、彼らは発揮していると言えます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
JGA主催2013年度競技日程が明らかに成る