葛城ゴルフ倶楽部は会員募集を終了し12月1日より名変再開

  • 投稿日:
  • by

 静岡県の葛城ゴルフ倶楽部は、2012年11月30日をもって正会員の補充募集を終了し、12月1日より正会員権の名義書換を再開致します。同倶楽部では2012年9月1日より、正会員及び平日会員の補充募集を行っておりました。

 正会員の募集に付いては大変順調に推移した様で、9月下旬には申込が規定数に達した様です。その後入会審査を経て、入会希望者からの募集金額振り込み手続きへと進み、今日へ至っております。葛城ゴルフ倶楽部は3ヶ月間で50名のアクティブな新会員を募集し切り、又資金的には2億8,800万円を瞬時に集金しました。

 この度の正会員補充募集は、大成功だったと言えます。募集期間としては一年間、来年2013年8月末までとしておりましたが、実質1ヶ月間で約50名の申し込みが挙がって来た事実だけを捉えても、決して言い過ぎでは無い事をお解かり頂けると思います。

 この成功へ導いた要因は、1.東証一部上場会社経営ゴルフ場で安心感が有る、2.預託金の据置期間が無い、3.コースが素晴らしい、4.アクセスが良い、5.利用価値が有る以上の5点を挙げる事が出来るのではないでしょうか。特に募集の大きな特徴で有った会員権の預託金その預かりに対して、据置期間を設定しない点は、入会希望者の動機づけとして大きく作用したと言えます。

 尚、平日会員権に付いては募集数未達につき、継続して募集受付を行うとの事で、且つ会員権市場を通じての名義書換は停止との事です。関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
葛城ゴルフ倶楽部では9月1日より会員の補充募集開始