太平洋クラブ守る会は更生法でのスポンサー企業を公開

  • 投稿日:
  • by

 太平洋クラブの倒産劇に対して(太平洋クラブ会員の権利を守る会)は、2012年6月15日付けのWeb上で、会社更生手続きに入った場合の、スポンサー候補企業を公開致しております。その企業は、1.リゾートトラスト 2.随縁グループの2社が、名指しされております。

 現在進行している民事再生手続きのスケジュールからすると、2012年7月中旬から下旬にかけて、再生計画案が明らかに成るものと思われます。再生計画案に対する賛否が問われる中、9月に入り債権者集会開催にて決着を付ける、と言う手順かと思われます。

 (太平洋クラブ会員の権利を守る会)は、会社更生法の適用を申請するタイミングを、虎視眈々と見計らっております。夏場を境に再生計画案の賛否、その票読みをめぐり、水面下での激闘が展開されるものと思われますが、時期的にはその辺が山場に成るのでは無いでしょうか?

 アコーディア・ゴルフグループをスポンサーとした、太平洋クラブの民事再生手続きの渦中に有り、会員の中から聞こえてくるのは、アコーディア・ゴルフに組みする事は、絶望感と虚無感のみが押し寄せます、しかし反対したからといえ、誰が助けてくれるのでしょうか? 自主再建は泥沼化するだけですよ、と言う趣旨の話しです。

 この様な多くの会員の声を反映して守る会の声明は、会員間における動揺を緩和する意味合いも、有している様に感じられます。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
太平洋クラブグループ倒産続報