上武カントリークラブは新体制へ移行

  • 投稿日:
  • by

 群馬県の上武カントリークラブは、2012年3月1日より新体制にて運営が開始されました。旧経営会社の破産管財人弁護士・宮川勝之弁護士は、18ホールの浄法寺コースを上武ゴルフマネージメント(株)へ、又9ホールの鬼石コースを(株)オージーシーへそれぞれ譲渡致しました。各々の会社は、3月1日より運営を開始したとの事です。

 旧会員で新クラブへの移行希望者へは、年会費と新会員権発行手数料にて、新入会が出来るとしており、鬼石コースに付いては、新会員が優先的にプレーする事が出来るとしております。

 両会社は、(株)ジェルシステム(東京都世田谷区松原3-40-7 星本正義代表取締役)の子会社であり、同社は電子ブレーカーやエコ照明の製造、販売などの事業を行っているとの事です。尚、旧経営会社の債権者集会は、9月4日を予定しております。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
上武カントリークラブは12月21日に東京地裁へ破産申請