ホワイトバーチカントリークラブは12月7日に東京地裁へ破産申請

  • 投稿日:
  • by

 茨城県のホワイトバーチカントリークラブを運営しておりました(株)ゆたか環境緑化は、2011年12月7日に東京地裁へ、破産申請し同日同地裁より開始決定を受けました。ゴルフ場の営業は、既に12月5日を持って終了しているとの事で、今後再開の目処は現時点でたっていない様です。

☆ 破産手続開始決定について

管轄裁判所 東京地方裁判所
事件番号 平成23年(フ)第17200号
開始決定日 平成23年12月7日午後5時
破産管財人 弁護士_桑島英美(坂井・三村・相澤法律事務所)
東京都港区虎ノ門4-3-13神谷町セントラルプレイス4F

  破産者に対する債権者は、約7,000人以上と見込まれており、問合せが殺到する事が予想される為に、FAX 03-6721-3117にて対応するとの事です。

 今後の成り行きに付いては、同ゴルフ場のホームページにて、随時情報公開されていく様です。関東エリアのゴルフ場で、法的整理と共にゴルフ場の営業が、休業すると言うケースは珍しく、ゴルフ場として復活するのか否かは、多くの方の関心事だと言えます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ホワイトバーチカントリークラブは6月11日より名義書換を停止