龍ヶ崎カントリー倶楽部はメイングリーンの芝を007へ

  • 投稿日:
  • by

 茨城県の龍ヶ崎カントリー倶楽部では、2011年7月よりメイングリーンの芝を、007へ改修すべく工事が開始されました。この工事は、所謂酷暑対策も含めたものですが、長年使用してきたベント芝の経年劣化が、大きな要因の様です。

 007芝は近年特に酷暑対策から、採用するコースが増えて来ております。この度の改修工事を監修するのは、設計家の大久保昌氏です。氏は東京都下の桜ヶ丘カントリークラブの改修工事にも携わっており、そこでも使用芝は007でした。

 龍ヶ崎カントリー倶楽部では、2014年に日本女子オープン開催を予定しております。007の評価が大きく問われる事と思います。当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
名門倶楽部同士の相互利用の業務提携が拡大傾向