習志野カントリークラブは10月より新グランドステータス制度適用不可

  • 投稿日:
  • by

 千葉県の習志野カントリークラブでは、2011年10月1日より、入会時に新グランドステータス制度の適用が出来なく成りました。空港コースも同様です。新グランドステータス制度とは、下記の内容と成ります。

A、個人会員の場合

  1. 在籍3年以上60歳以上の会員は、三親等以内の親族へ壱万円(消費税別)にて名義書換が可能。本人は無料にて終身登録会員へ登録可。
  2. 在籍3年以上60歳以上の会員が、会員権を第三者へ譲渡する場合、通常の名義変更料の半額で手続可。本人は無料にて終身登録会員へ登録可。注意したいのは、譲渡と終身登録会員手続の書類を同時に提出しなければならない事。

B、法人会員の場合

  1. 在籍3年以上60歳以上の法人登録者は、法人会員権が第三者へ売却される場合、終身登録会員へ無料で登録可。
  2. 法人会員権を第三者へ売却する場合、法人登録者の終身登録会員への手続書類と同時に、譲受人の入会書類を提出して名義書換料を半額に減額する事が可能。

  C、終身登録会員

  • これまで通り会員と同等の条件にてラウンド出来、尚且つ競技参加も可能。
  • 年会費
    a、60歳_69歳 通常年会費の25%引き
    b、70歳_79歳 通常年会費の50%引き
    c、80歳_    無料

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
習志野カントリークラブは12月1日より名義書換料を値上げ