南富士カントリー倶楽部は7月6日に再生計画案が可決同日認可決定

  • 投稿日:
  • by

 静岡県の南富士カントリー倶楽部を経営する(株)南富士カントリー倶楽部は、2011年7月6日の債権者集会にて、再生計画案が可決されました。又、同日、東京地裁より認可決定を受けました。

 順調に推移した場合、月内には地裁よりの確定がおりる事と思いますので、8月1日からは会員権の名義書換が出来る可能性が有ります。再生計画案の骨子は、下記の通りです。

  • 再生債務者は、発行済み株式を無償で取得し、100%減資する。
  • スポンサーである(株)ザイマックスへ、1,000万円の第三者割当増資を行う。
  • 再生債務者は、(株)ザイマックスより8億9,230万円の融資を受ける。
  • 退会会員へは、再生計画認可決定確定後3ヶ月以内に、債権額の3,96%を一括弁済する。
  • 継続会員へは、従前と同様のプレー権を保証し、債権額の3,96%を新預託金とする。
  • 会員権の名義書換に付いては、再生計画認可決定確定日の翌月1日より、再開する。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
南富士カントリー倶楽部の再生計画案が5月16日発表される