伊勢原CC、大秦野CCは1月より会社創立45周年記念事業展開

  • 投稿日:
  • by

 神奈川県の伊勢原カントリークラブ、大秦野カントリークラブを擁する東海開発(株)は、2011年1月より会社創立45周年を記念して、下記のキャンペーンを展開する予定との事です。終身会員以外は、1年間の期間限定措置です。

  1. 正会員の名義書換料を、1年間の期間限定にて減額する。
    伊勢原CC⇒20万円(税別)/大秦野CC⇒30万円(税別)。
  2. 女性の入会は、先着45名限定で1年間に限り、制限無で受け。
  3. 優待会員を改正して、終身会員制度を充実させる。

 上記内容にて特筆すべきは、終身会員の中味が、充実している事だと言えます。終身会員とは、会員種別に関係なく70歳に到達した会員は、三親等以内の親族へ会員権を事務手数料のみで、書換る事が出来ます。その後に元会員はクラブへの届出を済ませておく事で、来場時に会員待遇にてラウンドする事が出来るのです。

 呼称は様々なされど、終身会員制度は燎原の火の如く、各クラブへ拡大傾向に有ります。上記2コースは以前より優待会員として、類似した制度を設けておりましたが、この度その制度を更に充実させたと言えます。

 なお関連する以前の記事は、下記リンクよりご確認頂けます。
伊勢原カントリークラブと大秦野カントリークラブは改造・改修を実施