富士カントリークラブは1月1日より名義書換料及び年会費を改定

  • 投稿日:
  • by

 静岡県の富士カントリークラブは、2011年1月1日より会員権の名義書換料及び会員の年会費を改定致します。内容は下記の通りです。

☆ 名義書換料

  • 80万円(税別)⇒130.0万円(税別) 正会員
  • 50万円(税別)⇒80.00万円(税別) 甲種平日会員
  • 30万円(税別)⇒50.00万円(税別) 乙種平日会員
  • 50万円(税別)⇒70.00万円(税別) 家族会員

☆ 年会費

  1. 50,000円(税別)⇒80,000円(税別) 正会員
  2. 40,000円(税別)⇒60,000円(税別) 甲種平日会員
  3. 20,000円(税別)⇒40,000円(税別) 乙種平日会員
  4. 40,000円(税別)⇒50,000円(税別) 家族会員

 年会費の改定に付いては、本来2010年1月より導入予定でしたが、会員からの反発も多く、1年間のインターバル期間を設けたとの事です。名義書換に付いては、施設負担金を廃止し、会員が入会時に負担していた金額の総額を、名義書換料として、一本化したのが大きな特徴と言えます。

 何れにしても会員権市場における会員権価格が低空飛行状態なのは、なんとも気掛かりですし、上昇する機会が無いものなのか、手探り状態と言えます。関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
富士カントリークラブは年会費の改定を1年間延長する事を決定