小諸高原ゴルフコースは東京地裁へ民事再生法の適用を申請

  • 投稿日:
  • by

 長野県の小諸高原ゴルフコースを経営しております浅間高原観光開発(株)は、2010年2月9日に約23億円の負債を抱えて、東京地裁へ民事再生法の適用を申請致しました。

 同社は、発足当初第三セクター方式でしたが、2007年3月に東京の渡辺パイプ(株)へ、株式が譲渡されておりました。

 同ゴルフ場は、今後親会社である渡辺パイプ(株)の前面支援を受けて、自主再建するとの事です。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
長野県の小諸高原ゴルフコースは民間企業へ売却予定