横浜カントリークラブは2010年に開場50周年記念事業を計画

  • 投稿日:
  • by

 神奈川県の横浜カントリークラブでは、2010年に開場50周年を迎えるにあたり、記念事業として東コースOUTを改造する事になりました。

 工期は2010年1月中旬より9月中旬までを予定しております。この期間は、当然ながら東OUTコースをクローズして、27ホール営業にて行う事に成ります。主な改造点は、下記の通りです。

  1. コース内高低差の解消。
  2. 戦略性に富む魅力的なコースにする。
  3. 3番ホールをパー4からパー5へと距離を延長。
  4. 練習場を1番ホールへ新設。
  5. コース全域に花木植栽し、景観を向上させる。
  6. 投資金額は約7億円で、事業収益金にて賄う。
  7. トーナメント対応可能なコースへ。

以上が概ね今回の記念事業の概要と言えます。なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
横浜カントリークラブは150名分の会員権を買取