昇仙峡カントリークラブでは6月13日に貴重品ロッカー荒らされる

  • 投稿日:
  • by

 山梨県の昇仙峡カントリークラブでは、2009年6月13日に貴重品ロッカー荒らしの被害にあいました。言い尽くされて来た手法では有りますが、貴重品ロッカーへの小型カメラを設置し、使用者の暗証番号を盗み取るものです。

 当日、同ロッカーを利用した5人の来場者が被害に遭ったのですが、現金のみならずキャッシュカードまでも悪用される事態となりました。

 コースに出ているプレーヤーに被害を防ぐ術は乏しく、ゴルフ場の方々の管理へ、どうしても頼ってしまわざるを得ないのが現状です。関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
昇仙峡カントリークラブをサントリーはローンスターへ売却