ゴルフ会員権・コース紹介


【静岡県】伊東カントリークラブ
「伊東カントリークラブ」に関しまして、ご質問等ありましたらお気軽に、以下のフォームよりお願いします。
 メールアドレス
 件名
 内容

▼ 特選会員権情報


■ 丘陵コース
若干の起伏を持った地形を巧みにレイアウトへ活かして造られた丘陵コースで、設計は山本増二郎氏。
コース内高低差は有るものの、インターバルで解消しており、各ホールは比較的フラット。
会員情報 ■ 会員情報
1、会員制度  預託金会員 / 無額面プレー会員
2、社団法人  ━━━
3、休止会員  有 (病気、海外への転勤)
4、終身会員  ━━━
5、年間会員  ━━━

■ 会員数と種別
☆ 2008年9月現在での会員数は約1,200名。
  内訳は、約600名の預託金会員と、約600名の無額面会員と言う構成。

■ 名義書換
☆ 法的整理の関係から、約1年間停止していた会員権の名義書換は、
  2008年10月1日より再開。
  売買対象は、2008年4月1日発行の新証券のみ。

■ 会員権の名義書換料減額キャンペーン
☆ 2017年12月1日〜2019年12月末まで
  A、40万円(税別)⇒20万円(税別) 正会員

過去の動向
■最高値
1990年02月 売り 3,700万円  /   買い 3,400万円
■最安値
2012年12月 売り 10万円  /   買い ━━━

■ 過去の経緯
1、1977年に日立造船グループの出資により日立造船不動産開発(株)が
  設立され、1978年に伊東カントリークラブがオープンする。

2、2002年には株主構成が変更になり、日立造船(株)の100%子会社とな
  る。
  それに伴い経営会社の商号も(株)伊東カントリークラブへ変更。

3、2007年8月29日(株)伊東カントリークラブは、東京地裁へ民事再生法
  の適用を申請。
  負債は約39億円 (その内会員1,162名の預託金は約38億円)。

4、2008年1月23日の債権者集会にて再生計画案可決、 又、 同日、東京
  地裁より認可決定を受ける。
  A、退会会員へは、預託金の24%を一括弁済。
  B、継続会員は預託金の14%弁済を受けると共に、その内の1万円を再
    預託する。
  C、再生会社は継続会員へ、1万円額面の新証券を発行すると共に、
    無額面の正会員権を1口付与する。

5、2008年5月2日再生会社は、東京地裁より再生手続終結決定を受ける。

基本資料 ■ 経営会社
☆ 会 社 名   株式会社 伊東カントリークラブ
☆ 代 表 者   代表取締役 森方 正之
☆ 資 本 金   4億円
☆ 所 在 地   〒414-0053_静岡県伊東市荻694番地1
☆ 連 絡 先   TEL 0557−36−5865 / FAX 0557−36−9557

■ コース概況
☆ 開 場 日   1978年10月1日
☆ 設 計 者   山本 増二郎
☆ コース   18ホール ・ 6,747ヤード ・ par72
☆ コース◆  .魁璽好譟璽函71・6
☆ 練 習 場   45ヤード_7打席
☆ 定 休 日   無休
☆ 団 体 名   財 )日本ゴルフ協会 ・ 関東ゴルフ連盟  加盟員
☆ 所 在 地   〒414-0053
               静岡県伊東市荻694番地1
☆ 交 通 網   小田原厚木道路・小田原西ICより約 54.0Km
☆ 交 通 網   伊東線・伊東駅よりタクシーで約20分
☆ 交 通 網   伊豆急行・南伊東駅よりクラブバスで約15分
☆ 会 員 数   正会員 約900名 2017年11月現在

■ 入会条件
1、同クラブに3年以上在籍する正会員1名の推薦がある事
2、原則として日本国籍者
3、女性の入会制限無
4、暴力団員等反社会的団体の構成員或いは関係者で無い事

■ 名義書換料 & 年会費(別途減額料金有り)
☆ 名義書換料 40・00万円 (正会員・税別)

☆ 年会費  36,000円 (正会員・税別)_継承不可
☆ 会計月  4月起算 ⇒ 翌年3月〆

■ 相続による会員権譲渡
相続による会員権譲渡は、一旦代表相続人の名義へ書き換える必要有り。
その後に、新名義人より第三者への譲渡が可能。

■ ラウンドスタイル
キャディ付きか、セルフの選択制で、電磁誘導乗用カートを使用してのラウンド。

その他 ■ 過去の名義書換料減額キャンペーン
1、2014年3月1日〜2014年9月30日
  A、40万円 ⇒ 20万円 (税別) 正会員

2、2015年10月1日〜2016年6月30日
  A、40万円 ⇒ 20万円 (税別) 正会員

URL http://www.itocc.jp/index.html
写真

TOPへ