IPポイントについて

  • 投稿日:
  • by

 ゴルフ場のコース改造或いは改修に関して、古いコースのIPが今、全く機能しなく成っている、と言う話を良く聞きます。飛ぶクラブとボールと言う用具の進化により、ドライバーショットのランディングゾーンを想定して造られたバンカーやハザードが、意味の無いものになりつつ有る様です。ではこのIPとは、どの様な意味なのでしょうか。

  • ホールに於けるティーショットの落下地点、或いは
  • コースレート査定時の基準点、とでも理解すれば良いのでしょうか。

 諸外国のコース設計に関する書籍には、その様な用語は無いとの事ですが、これはもっぱら土木事業からの派生として、その延長線上に考えられて来た日本独特の用語として、捉えた方が良いようです。土木関係の測量用語では、ラインとラインの交わり点を(IPINTERSECTION POINTと呼ぶのだそうです。