ゴルフ会員権・コース紹介


【栃木県】大田原ゴルフ倶楽部_12月31日より閉鎖
「大田原ゴルフ倶楽部_12月31日より閉鎖」に関しまして、ご質問等ありましたらお気軽に、以下のフォームよりお願いします。
 メールアドレス
 件名
 内容

▼ 特選会員権情報


■ 2016年12月31日よりゴルフ場閉鎖
那須連山や日光連山を一望出来る地形に造られた、やまゆり、りんどうの18ホールコースで、多少の起伏は有るものの全体的にフラットな造りだった。
会員情報 ■ 会員情報
1、会員制度  預託金会員 / 無額面プレー会員
2、社団法人  ━━━
3、休止会員  ━━━
4、終身会員  永久会員 (名変時に預託金放棄の方が対象)
5、年間会員  ━━━

■ クラブ名称変更 (2006年10月1日)
  A、チサンカントリークラブ黒羽
         ↓
  B、大田原ゴルフ倶楽部

■ ゴルフ場閉鎖
☆ 2016年12月30日まで営業し翌31日より閉鎖する事を2016年11月発表。

過去の動向
■ 過去の経緯
1、チサンカントリークラブ黒羽を経営していた(株)地産は、
  約3,207億円の負債を抱え、2002年8月26日東京地裁へ会社更生法の
  適用を申請。

2、2003年7月31日に、東京地裁より更生計画の認可決定を受ける。
  A、10万円以下の旧額面は、同額面の新証券発行。
  B、10万円以上100万円以下の旧額面は10万円の新証券発行。
  c、100万円以上1,000万円以下の旧額面は、
         10万円+(旧額面−100万円)×4%を新預託金
                             として新証券発行。
  D、1,000万円以上の旧額面は、
         10万円+(1,000万円−100万円)×4%+
         (旧額面−1,000万円)×3%を新預託金
                             として新証券発行。
  E、無額面証券、 債権届出をしなかった旧会員には無額面証券を発行。
  F、新預託金の据置期間は10年間。
  G、ローンスターグループをスポンサーとする。

3、2003年11月13日再生会社は東京地裁より更生手続終結決定を受ける。

4、2004年に(株)地産の会社分割により、
  黒羽ゴルフクラブ(株)が設立されチサンカントリークラブ黒羽の経営を
  継承。

5、2006年2月1日に黒羽ゴルフクラブ(株)の全株式をPGMグループより、
  (株)染宮製作所を経営する染宮公夫社長が譲り受ける。

6、2016年12月31日よりゴルフ場閉鎖。

基本資料 ■ 経営会社
☆ 会 社 名   黒羽ゴルフクラブ株式会社
☆ 代 表 者   代表取締役 染宮 公夫
☆ 資 本 金   1,000万円
☆ 所 在 地   〒338-0837_埼玉県さいたま市桜区田島9-19-6
                              (株)染宮製作所内
☆ 連 絡 先   TEL 0287−54−2121 / FAX 0287−54−2123

■ コース概況
☆ 開 場 日   1975年5月30日
☆ 設 計 者   地産緑化株式会社
☆ コース   18ホール ・ 6,416ヤード ・ par72
☆ 練 習 場   ━━━
☆ 所 在 地   〒324-0232
               栃木県大田原市八塩517
☆ 交 通 網   東北自動車道・西那須野塩原ICより約 23.2Km
☆ 交 通 網   宇都宮線・那須塩原駅よりタクシーで約25分
☆ 会 員 数   正会員 約400名 (2016年11月現在)


■ 系列コース
1、ロイヤルカントリークラブ ( 栃木県 )

その他 ■ 27ホールから18ホール運営へ
(株)地産の倒産以降、その経営を担ってきたPGMグループは、
かつての27ホールから18ホールへ縮小して営業。

さざんかコース9ホールを閉鎖して、やまゆり、りんどうの18ホール営業となる。

宿泊施設 有り
URL
写真

TOPへ