平川CCでは4月より乗用カートでのラウンドスタイルへ

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 平川カントリークラブ(千葉県)では2022年4月1日より、全面的に乗用カートを利用したラウンドスタイルへ移行します。此れは2021年夏頃より、検討されて来たテーマでした。

 当該クラブでは開場以来、キャディ付き歩きでのラウンドスタイルを基本として来ておりましたが、2016年頃より若干数の乗用カートを取り入れ、休業日のセルフ営業や会員からの要望時に対応して来ていました。

 今回導入するのは、ヤマハ製のガソリンカート5乗用50台です。かつては自走式でフェアウエーへの乗り入れも可能でしたが、今回は電磁誘導式を採用する為、フェアウエーへのカートによるダメージを考慮する事が無く成りました。また何よりも自走運転による事故から、プレーヤー及びクラブ側も解放されます。

 しかしながら電磁誘導式は誘導線の導入工事などが必要な為、2022年2月から3月末にかけ、その工事を行う事になります。片側9ホールを交互に閉鎖し、ハーフのみでの営業スタイルが、約2ヶ月間継続します。

 高齢と成った会員へ、プレー機会をより多く作りたいとのクラブ側考えが、これにより実って行くものと思われます。またラウンドスタイルが統一される事で、クラブ側によるスムースな運営が実現します。当該クラブの伝統が、此処へ来て大きく変わろうとしています。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
平川カントリークラブでは4月より名義書換料へ預託金を充当可