アコーディアはソフトバンクグループのフォートレスへ

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 株式会社アコーディア・ゴルフは2021年11月16日に広報を通じ、持ち株会社の株主がMBKパートナーズより、フォートレス・インベストメント・グループLLC(以下フォートレス)へ、交代する事を明らかにしました。

 本件の株式譲渡は今後数ヶ月以内に実行される予定としており、以降ソフトバンクグループ株式会社の子会社であるフォートレスが、新たな親会社としてアコーディア・ネクストゴルフグループの舵取りを行うものと思われます。又同社はこの事によって会社名やブランド名などが、変更になる事は無いとしています。

 ちなみにフォートレスは米国ニューヨークに本社を置き、2021年6月30日時点で約539億米ドルの運用資産を有すると共に、2002年以降全世界の不動産及び不動産関連企業へ、総額約1,000億米ドル以上を投資しているとしています。

 フォートレス台風が日本のゴルフ市場へ、今後どの様な風を吹かせるのか大いに注目されます。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
MBKパートナーズはアコーディア・ネクスト売却へ向け入札