エポンゴルフがMUKU、KUROを新発売へ

  • 投稿日:
  • by

   エポン_MUKU.jpg  エポン_KURO.jpg
           MUKU           KURO (画像提供:エポンゴルフ)

 エポンゴルフ株式会社では2021年10月8日より、Tour Wedgeシリーズから2種類(上記写真)のウエッジを新発売します。前回9月13日販売を第一弾として、今回は第2回目になります。バリエーションとしては下記内容になりますが、36種類の多岐に渡ります。

タイプ MUKU KURO
タイプS ロフト48°~60°まで7種類 ロフト48°~60°まで7種類
タイプM ロフト48°~60°まで7種類 ロフト48°~60°まで7種類
タイプL ロフト50°~58°まで4種類 ロフト50°~58°まで4種類

 この度のウエッジはノーメッキの為、使う側からすれば管理に手間暇がかかります。しかし軟鉄本来の柔らかい打感を得られる事から、プロのみならずマチュアにも大変な人気が有ります。ところでエポンゴルフのウエッジと言われても、ピンとこない方がまだまだ多い様に思われます。

 それは同社の親会社である株式会社遠藤製作所が、ゴルフクラブに関しOEM生産に徹している事から、表舞台に出ない様、目立つ事が無い様、メーカーへ配慮しているからだと言えます。ブランドは某有名メーカー製であっても、実際の作り手は遠藤製作所と言うケースが、多いのだと思われます。エポンゴルフは遠藤製作所の自社ブランドになります。

 前回の販売では4桁を超える販売実績を残していますが、実際購入者の手元に入るのは10月初旬との事です。今回も又10月8日から注文を受け付けるものの、商品を届けられるのは2022年1月になってからの様です。黒子に徹する遠藤製作所ですが、人気の高さから自社ブランドであるエポンゴルフの需要は、今後更に高まって行くのではないでしょうか。

 ちなみにMUKU Modus WEDGE 115 の販売価格は1本31,900円(税込)、KURO Modus WEDGE 115 の販売価格は1本35,200円(税込)です。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
遠藤製作所はゴルフクラブヘッドの出荷増え業績を上方修正