デイスターゴルフクラブは12月30日で営業終了し譲渡へ

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県のデイスターゴルフクラブが、会員制からパブリック運営へと、舵を切ったのは2011年4月1日でした。そして約10年が経過した2021年12月30日、この日をもってパブリック営業にも、終止符が打たれる事になりました。

 振り返れば法人会員400社を中心にした会員制クラブを、解散した大きな理由は経営難でした。親会社にあたる大林組の2010年3月期有価証券報告書は、当該ゴルフ場の経営会社が、約122億円の債務超過状態であるとしていました。この様な状況を改善すべく、コペルニクス的転回とも言える、パブリック営業へ一大転換したのです。

 そして2021年の今年8月31日、年内をもって当該ゴルフ場の営業を終了すると、大林組は自らのWEBサイトで告知していました。スーパーゼネコンが当該ゴルフ場経営から完全撤退、1990年の開業から数え約30年で幕を下ろす事になりました。とは言えゴルフ場自体の価値は充分にあり、翌2022年からはゴルフ場の第二幕が、開幕するものと思われます。

 それは当該ゴルフ場を購入する先が有り、既に大林組は譲渡契約を済ませている様です。当該ゴルフ場は27ホールコースですので、此れをPGA TOURにも耐え得る18ホールコースへ改修出来るならば、日本には2つと無いスタジアムコースが出来上がるのでは無いでしょうか。

 アリゾナ州のTPCスコッツデールの様なゴルフ場が出来たならば、トーナメント開催時の1週間で約60万人とは言わないまでも、大規模集客が可能と成れば、日本のゴルフシーンも大きく変革されていくものと思われます。一体何方が、購入したのでしょうか。間もなくビッグニュースが、飛び込んでくるのかも知れません。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGMグループがオールドオーチャードGCを10月1日取得へ