鶴舞カントリー倶楽部では無料貸し出し用ジャケットを用意

  • 投稿日:
  • by

     鶴舞CC_貸し出し用ジャケット.jpg
           < 玄関入口右横に用意された男女各ジャケット

 千葉県の鶴舞カントリー倶楽部ではジャケットの貸し出しを、全ての来場者を対象に無料で行います。男性用3サイズ、女性用2サイズ、色は上記の通り爽やかな水色で20着準備しています。5月から9月迄は例年クールビズ運動の関係から、実施は今年2021年10月1日からになります。

 このサービスは、今春よりエチケットフェローシップ委員会とも協議しながら進められている、乱れた服装の是正運動の一貫になっています。此れまで多くの会員の方々より、ゲスト来場者に目立つシャツ出しの指摘を受けておりました。この乱れた雰囲気を正常化する為、倶楽部スタッフが今春より注意喚起活動を展開して来ています。

 地道な活動の結果、約5ヶ月が経過した9月現在では、殆どその様なシャツ出しスタイルの来場者を、見かける事が無くなりました。大きな成果と言えます。倶楽部ハウス内或いはコース内に於ける、整った服装でのプレーヤーの立ち振る舞いは、大変気持ち良いものになったと、会員の声として聞こえて来ている様です。

 10月より開始されるジャケット貸し出しサービスは、此れまでの上記活動を更に発展させ、来場時ジャケットを忘れて来られた方へ、倶楽部ハウス内の雰囲気を壊す事無く、また着用していない事で萎縮する事無く、気持ち良く過ごして頂く為に発案され行われるものです。

 ちなみに4月段階では来場者の半数が、シャツ出しスタイルだったとの事ですが、振り返れば当該倶楽部集客難時に、改善策として外部のインターネット集客へ軸足を移しだした頃から、この傾向が徐々に増加した様です。客数は若干増えるものの、低い客単価と下がる倶楽部の一般的評価、此れ迄この二重苦からなかなか脱却出来てこれませんでした。

 ある意味今回のジャケット無料貸し出しは、古いかつての雰囲気からの大転換を、意味するものとも言えます。当該倶楽部に於ける更なる高みを目指す活動は、改革に終わりがない様、常に続いて行くのだと思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鶴舞カントリー倶楽部は再入会及び重複所有不可