PGMマリアは9月13日より会員権の名義書換再開

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県のPGMマリアゴルフリンクスは、2021年9月13日(月)より会員権の名義書換を再開する事になりました。現在のゴルフ場名から即座に、旧きみさらずゴルフリンクスを思い浮かべられないと思われます。

 それもそのはず当該ゴルフ場は、昨年2020年12月にPGMグループ入りしたばかりですから、無理は無いと思われます。ところでこのゴルフ場が、2019年6月1日以来停止していた会員権の名義書換を開始します。その名義書換料は、下記の通りです。

会員種別    書換内容 料金(税込)
正会員 一般譲渡 1,100,000円
相続継承 110,000円
3親等内親族への継承 110,000円
平日会員 一般譲渡 550,000円
相続継承 55,000円
3親等内親族への継承 55,000円

 久々に会員権市場へ復活して来た当該銘柄ですが、どの様な価格展開となるのか、非常に気になるところですが、これはゴルフ関係者のみならず、一重に経営主体のPGMグループに於いても同様だと思われます。売り案件が多く中々買い手が付かないのか、それとも買い手多く品薄状態になるのか、気をもむところだと言えます。

 PGMグループではこの動向を注視しながら、次の一手も用意しているとの事。それは名義書換中もケースによっては、会員募集も視野に入れており、クラブへの入会ニーズを吸収しようと考えています。それは2019年1月末に558名だった会員数が、減少する事は有っても増加するケースは無い為、如何にアクティブ会員を増やすかは、当該クラブにとって喫緊の課題に他ならないからです。

 ゴルファーにとってはまた一つ魅力的なゴルフ場で、会員としてプレー出来る機会に恵まれます。なお入会条件は厳しくないものの、事前にクラブへ確認はしたいものです。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGMグループでは4月より5コースでクラブ名称変更