PGA TOUR2020-2021シーズン終了

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg PGA TOURの2020~2021シーズンは、2021年9月5日に最終日を迎えたTOUR選手権をもって終了しました。シーズンを振り返り選手個々の成績は、賞金ランキングでは無くFedExCupポイントを基準に表記されています。

 このシーズンに日本人選手としてフル参戦したのは、松山英樹、小平智の2選手でした。松山選手はメジャートーナメントのマスターズ優勝、更にその他の試合でも優勝争いを演じるなど、目覚ましい活躍をしランキングは22位。26試合に参戦し、1,681ポイントを稼いだ結果でした。

 小平智選手は、2018年の「RBCヘリテージ」優勝資格で今日まで戦って来ましたが、結果は150位でした。27試合に出場し、得られたポイントは287。この事からツアー出場者入れ替え試合を戦うも、この3試合総合順位上位25位以内を獲得出来なかった事から、来シーズンの出場はほぼ絶望的なものとなって仕舞いました。

 此れまでPGA TOURへ腰を落ち着け戦ってきたのは、丸山茂樹、田中秀道、今田竜二、松山英樹、石川遼、小平智などの選手が居ましたが、来シーズンは現時点で松山選手一人になりそうです。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ZOZO CHAMPIONSHIPは2021年10月習志野で開催