ユニマットプレシャスがマナゴルフを7月21日取得

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg ユニマットグループの株式会社ユニマットプレスシャスは、2021年7月21日に茨城県のゴルフ場・マナゴルフクラブを、M&Aにより取得した事を公表しました。

 同日それまでの代表者である三和啓太氏に代わり、ユニマットプレシャスの取締役でもある鈴木悟氏が代表取締役へ就任しております。ユニマットグループにとっては18番目のコースとなりますが、2016年に取得した新・西山荘CCがエリア内に有る事から、集客での相乗効果やグループ内人材の流動性も期待出来ます。

 今回このユニマットグループによる買収劇が、M&A市場で表面化する事はほとんど無かったと言えます。それには理由が有り、今回仲介者の介在無く、当事者同士による交渉で事態は進展して行った為の様です。

 1993年9月に開業した当該ゴルフ場ですが、その後約10年の時を経た2003年5月には法的整理へ至っています。この時管財人より数億円で当該ゴルフ場を取得した個人オーナーでしたが、今度は自らこの事業承継と発展を、ユニマットグループへ託す事になったのです。

 ちなみに当該ゴルフ場の経営会社は、株式会社グッド・ゴルフ・マネジメントです。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
新・西山荘カントリー倶楽部はユニマットグループへ