『プレーヤーズチャンピオンシップ』サトウ食品が特別協賛

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 2021年の今年、ジャパンゴルフツアー選手会(以下選手会)が開催を予定しているJAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP(プレーヤーズ チャンピオンシップ)は、2月24日特別協賛予定のリシャールミルジャパン社の降板発表により、一時開催自体が宙に浮いて仕舞いました。

 この様な中まさしく白馬ナイトとして登場したのが、新潟県に本社を置くサトウ食品株式会社です。同社は2002年から2004年まで、レギュラーツアーの『サトウ食品 NST新潟オープン』特別協賛企業として、ツアーの経験があると共に、ゴルフ業界に於ける知名度も高いものが有りました。

 とは言え2月下旬に突然とも言える選手会からの同試合の開催要請に、窓口になった経営企画部は、その要請案を佐藤元・社長へ直接伝え判断を仰ぐ事に成ったのです。その後間髪入れず取締役会にて承認がおり、開催への一歩を踏み出したのですが、選手会にとって薄氷を踏む、まさしくその様な状況だったと言えます。

 佐藤社長曰く「青天のへきれきと言っても過言では無かった、ツアーを盛り上げたい、と言う男子プロの皆さんの顔が、一番に思い浮かんだ」とコメントされていますが、同社の決断が無ければ、この新規トーナメントの開催は有り得なかったかも知れません。

 ところで同トーナメントは5月6日から9日までの4日間、栃木県のホウライカントリー倶楽部にて開催されます。同コースはロバート・ボン・ヘギーによる戦略性の高いコースに仕上がっており、トッププロがどの様に攻めるのか興味が尽きません。この模様はゴルフネットワークで4日間、独占生中継されますので、是非PCやスマホにかじりついて欲しいものです。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2021年男子ゴルフツアーの新たな胎動