小金井ゴルフ株式会社の第85期決算が明らかに

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 小金井カントリー倶楽部を経営する小金井ゴルフ株式会社の決算が、2021年3月26日明らかにされました。今回公開されたのは、2020年1月1日から同年12月31日までの第85期分です。

 此れ迄3期続けて来た黒字ですが、今期に限り19,786,000円の赤字となってしまいました。営業日数260日に於ける会員の来場者数は8,122人、ゲストは8,947人の合計17,069人です。一日平均65人ほど、約16組と言う事に成ります。

 これらのプレーヤーがゴルフ場へ落したお金は316,790,000円、単純計算すると一人約18,559円と言う事に成ります。決算書には会員が支払った年会費額も記されておりその額は135,510,000円、更にその他収入が有るとして29,581,000円が計上されています。これらを合計すると481,882,000円です。

 黒字だった過去3期を振り返れば、単年平均で約6億8,000万円の収入を記録しておりますので、冒頭の様に赤字にならざるを得なかったと言えます。最大の要因は、営業日数の大幅な減少です。過去3ヶ年の平均日数が319日であるのに対し、前期は59日少ない訳ですので至極当然の話です。

 新型コロナ対策として約2ヶ月間、ゴルフ場をクローズにした事からの帰結では有りますが、如何に今年この大きな課題から抜けだし、黒字化出来るかが当該ゴルフ場へも問われています。昨年コロナ禍で閉場したゴルフ場の収益は大変なのではとの推測が、当該ゴルフ場に於いてもこの決算書をもって裏付けられた形に成りました。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
小金井カントリー倶楽部
小金井カントリー倶楽部の内紛を週刊新潮が報じる