PGM総成GCは2月1日より名義書換を再開

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 千葉県のPGM総成ゴルフクラブでは2021年2月1日より、会員権の名義書換を再開します。これは昨年行った正会員の補充募集が、2020年10月末に終了した事によるのもです。料金の概要は、下記の通りです。

会員種別 書換内容    名義書換料
正会員 一般譲渡 100万円(税込110万円)
平日会員 一般譲渡 50万円(税込55万円)

 当該クラブは長く法人会員を主体にした運営でしたが、2019年に経営交代した事を契機に、関東倶楽部対抗予選会へも出場するなど、従来のカラーを一掃する様なクラブへ生まれ変わりつつあります。この様な動きが少しづつ浸透して来た事が、会員募集成功の背景にはあるものと思われます。

 今後は市場を通じての名義書換が主体になる訳ですが、2021年1月中旬時点で売り情報が殆ど無い事から、市場の活性化には疑問符がついてしまいます。いずれにしても正会員数が、900人を若干上回ったところですから、今後も適時会員募集が必要なのかもしれません。

 交通アクセス良く又コース素材の良いクラブが、一つ会員権市場へ戻って来た事になります。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGM総成ゴルフクラブ
PGM総成GCの補充募集が10月末終了