長竹ccは個人正会員の入会保証金を約1年間半額で受付

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 神奈川県の長竹カントリークラブは1971年8月8日に開場した事から、今年記念すべき50周年を迎えます。戦前の学士会ゴルフ倶楽部OB有志が集い、東京荒川河川敷で1961年4月21日、戸田カントリークラブを発足させたのが原点です。

 しかしながら国や県による荒川河川敷改修工事の為の用地収用要請、更には洪水の関係から新天地での開業を求められ、1969年より当該地にて建設工事が開始され、開業へ至っております。

 この50周年記念としてクラブでは、個人正会員の入会保証金額を通常200万円であるところ、100万円へ半減し受け付ける事となりました。この結果、名義書換料110万円プラス入会保証金100万円の合計210万円にて、入会手続きが出来る事になったのです。

 開始は2021年1月9日より2022年2月中旬迄です。2022年3月10日に開催されるクラブ理事会へ間に合う事が、実質的な締め切りになります。同クラブによれば、個人名義で有っても法人資産の様なケースは、対象外であるとしています。この記念事業対象者は、あくまでも純粋な個人入会が対象です。

 なお同クラブによれば、今年の夏には<50周年記念号>として、充実した会報を発行する予定の様です。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
長竹カントリークラブ
長竹カントリークラブ平日会員の名義書換料は2種類有り