金谷拓実選手が2020年12月15日PGAへ入会

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 金谷拓実(カナヤ タクミ)選手はPGA(公益社団法人日本プロゴルフ協会)の特別入会制度により、2020年12月15日トーナメントプレーヤー会員(TP)として、PGAへ入会しました。

 同選手は2019年にアマながらジャパンゴルフツアーの『2019年三井住友VISA太平洋マスターズ』で優勝を果たしており、この優勝により2022年まで同ツアーへ出場出来る資格を有していました。そして今年2020年10月2日プロ転向すると共に、一社)日本ゴルフツアー機構(JGTO)の会員登録を済ませておりました。

 PGAではこれまでツアーで顕著な成績を残した選手に対し、入会セミナー受講を条件にプロテスト受験を免除し、入会を認めて来ております。この度金谷選手は、この様なPGAの流れに沿って入会したのです。既にプロとしては、10月に開催された日本オープンで、デビューを済ませてります。

 同選手の概略は、下記の通りです。
・生年月 1998年5月
・身長  172センチ
・出身地 広島県
・出身校 東北福祉大学
・戦歴  2019年三井住友VISA太平洋マスターズ優勝
・戦歴  2018年アジアパシフィックアマチュア選手権優勝
・戦歴  2018年ネイバーズトロフィーチーム選手権優勝

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
2020三井住友VISA太平洋マスターズ開催へ