ノジマが12月16日チャリティトーナメント開催へ

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 株式会社ノジマ(代表取締役社長:野島廣司_神奈川県横浜市)は、2020年12月16日(水)に神奈川県の厚木国際カントリー倶楽部西コースを舞台に、チャリティトーナメントを開催します。

 名付けて『ノジマチャリティトーナメント』ですが、シニアプロ30名に著名なアマチュア選手15名を加え、総勢45名15組の大会に成ります。アマはオリンピアンなどスポーツ界での活躍が素晴らしい方々へ、出場依頼をかけているとの事ですが、本日時点で名簿は発表されておりません。

 プロには賞金総額1,200万円が用意されており、その内優勝者の獲得賞金は200万円です。賞金シードの上位選手から参加選手を選出するとの事ですが、こちらも現時点では明らかにされていません。

 ノジマは「スポーツを通じて地域社会を元気に」と言うスローガンの基、今年4月にシニアトーナメントを開催する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響から延期を強いられておりました。延期ですから当然開催を念頭に、様々な案が練られていたと思われますが、11月に入り中止となったのです。

 この代替案とでもいえるのが当該大会であり、規模を縮小した1日大会として、又チャリティとして開催される事になったのです。賞金総額の10%と、全参加者が達成したバーディ数に2万円をかけた金額をノジマが負担し、その総額をコロナ対策に奮闘する医療従事者へ贈られます。

 この模様は無観客ながらもYou TubeのUUUM-GOLFでライブ配信されると共に、12月27日にはBS-TBSの特別番組として放映される予定です。関連する記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
PGAは「ノジマチャンピオンカップ箱根シニア」新規開催を発表