大利根カントリークラブでは平日会員募集中

  • 投稿日:
  • by

ゴルフ事件過去帖_TACT-No1.jpg 茨城県の大利根カントリークラブでは2020年9月27日に開催された理事会に於いて、平日会員を新規に募集する事を決議しました。平日会員とは日曜日と祝日更にはゴルフ場の定休日に利用出来ない会員種別であり、当該クラブ発足以来第三者への譲渡並びに相続継承が出来ない規定になっています。

 募集概要は下記の通りです。
・募集会員 平日会員(個人のみ)
・募集金額 2,000,000円(税込2,200,000円)_内訳は入会金と消費税
・募集人数 50名
・応募資格 年齢20歳以上の個人で在籍5年以上の正会員1名の推薦要
・募集期間 2020年10月1日~2021年3月31日迄
・入会審査 入会希望者の内容を場内掲示し、面接と同伴プレーを実施

 この募集について当該クラブでは、会員権業者とも協力体制を敷いており、募集のチャンネルを増やしておりますが、ある意味これはクラブ側の危機感の表れとも見て取れます。何故ならば資産価値の無い利用権のみの会員権に対し、ユーザーがどの様な反応を示してくれるのか、やはり不安を隠せないのだと思われます。

 2020年9月末時点で146名の平日会員が在籍しておりますが、来年の春にどの様な状態になっているかは、ゴルフ市場を分析する上でも重要な資料になるものと思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
大利根カントリークラブ
大利根CCは入会手続き時の印鑑登録証明書有効期限を半年へ