ISPSは10月にチャリティー2試合を開催

  • 投稿日:
  • by

      半田晴久会長.jpg
               < 熱弁するISPS 半田晴久会長

 国際スポーツ振興協会(以下ISPS)は2020年10月8日都内会場にて記者会見を行い、10月に日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)主管で2試合を開催する事を明らかにしました。この試合の特徴は一般の観客を入れると共に、予選落ちした選手約50名へ、一律6万円の賞金がでる事です。その概要は下記の通りです。

・「ISPS HANDA コロナに喝!! チャリティー・チャレンジトーナメント」10月14日~16日
・「ISPS HANDA コロナに喝!! チャリティー・レギュラートーナメント」10月29日~31日

 この記者会見に同席したJGTOの市原弘大選手は、「ほとんど試合が無くなった今日、2試合も開催して頂き、半田会長へは感謝の言葉しか有りません。プロゴルファーである事を断念せざるを得ない、と考え始めている仲間がいる中、予選落ち選手へも賞金が出るのは嬉しいの一言」と語ったのです。

 かつて蜜月と言われたISPSとJGTOですが、2018年夏のマッチプレー選手権を最後に、その関係も途絶えある意味険悪な関係とも言われていました。この様な中半田会長が、JGTOへ又手を差し延べ様としているのです。此れにはJGTOが公式の場で謝罪してくれた事、更には年間10試合を切る様な事態になったら、又スポンサーになると半田氏自らが発言しており、その約束を守る為でもありました。

 この様な経緯を持った2試合ですが、半田氏は「お祭りにしたい」との希望を持っており、新しいゴルフ文化を創り上げて行きたいとも述べています。当日試合会場には様々な有料の模擬店の出店と共に、ハーゲンダッツ、ピノ、雪見だいふく、みかん、焼き芋を誰でもが無料で食べられるとしており、お祭り気分を盛り上げます。更にプロは1日3匹まで、タイやカンパチなどの高級魚を、無料で釣れ持ち帰えれます。

 なお半田会長は来季レギュラーツアーへの復帰を望んでおり、この橋渡し役をPGAの倉本会長がJGTO青木会長へ行った様ですから、年末に発表されるであろうトーナメント日程には、ISPSの名前が載って来るものと思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
国際スポーツ振興協会では観客を入れ今年急遽4試合を開催