GMOインターネットグループが脇元華選手と所属契約

  • 投稿日:
  • by

      脇元華選手20200707-1GMO所属契約.jpg
                  < 脇元 華 選手

 夢の玉手箱を詰め込んだ様な脇元華(ワキモト ハナ)選手を、2020年7月7日GMOインターネットグループが、所属選手として獲得しました。獲得理由に同グループの熊谷正寿(クマガイ マサトシ)代表は、1.脇元選手には華(ハナ)があり 2.No1志向である事そして何よりも 3.多くのインターネットユーザーより共感を得られる逸材、これらを上げたのです。

 熊谷代表がベタボメした脇元選手ですが、生まれは1997年ですから今年の誕生日で23歳に成ります。プロテストは2018年7月に合格しており、同期には大里桃子、渋野日向子選手など実力者がひしめいています。

 既に脇元選手はJLPGA入会前の2018年5月、台湾で開催されたTLPGAツアーの『Sampo Ladies Open』で、見事優勝を勝ち取っています。更に昨年2019年はJLPGAツアーへフル参戦し、賞金ランキング47位にて初シード権を獲得しています。

 この様な中同選手はJLPGAツアー初優勝のみならず、No1選手を目指し5.5年計画を立てています。それは23歳でまずツアー1勝 来年24歳で複数回優勝 3年後はJLPGA賞金女王 4年後はアメリカツアーへ参戦 5年目にアメリカツアーで優勝すると言うものです。ひたむきな努力を積み重ね、夢へ向かって一直線の同選手ですが、最後にコメントを紹介させて頂きます。


GMOインターネットグループの皆さんと共に成長し、スポーツマンとして、同時に人間として、礼儀、誠実さ、道徳心を忘れないよう日々努力を重ね、世界中から愛されるプロゴルファーになるように、精進してまいります。