『NGK第8回定時総会』が6月10日都内会場にて開催される

  • 投稿日:
  • by

        手塚理事長20200610総会.jpg
                  < 手塚 寛 理事長

 一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会(以下NGK)は2020年6月10日、都内会場に於いて第8回定時総会を開催しました。基調報告では、ゴルフ場入場者数が対前年比136万人ほどの延びを見せるものの、高齢者に支えられている現状は、抜本的な対策が不可欠としております。

 またゴルフ場に於ける人材不足は深刻な問題で有り、外国人材の受け入れは制度整備と合わせ、喫緊の課題になっていると報告されました。この問題に付いては国の「外国人技能実習2号移行職種」へ、ゴルフ場のコース管理技術者が認定されるべく、既に申請要件整備に着手したとの事です。

 大石専務理事はこの外国人材に付いて時間を取って報告しており、NGKにとって重要度の高いものに位置づけられている事が伺えます。付け加えるならば、国からはこの件について、全ゴルフ場の50%以上が賛同している事、複数の送り出し国との協力体制は不可欠、これらの条件を設けられている様です。

 その後組織としての中長期的課題でもある 1.市場活性化対策 2.ゴルフ場経営のコストダウン 3.預託金償還問題 4.地球温暖化・廃プラによる海洋汚染防止活動などの報告が有りました。総会はCOVID_19の影響から、この度議事進行を簡潔にさせる方針であり、紛糾課題も無い事から定刻内に終了しております。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会第7回定時総会開催