2020年『ファンケル クラシック』開催中止

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_22.jpg 2020年6月11日の午前中、株式会社ファンケルは2020年8月に開催を予定していた『ファンケル クラシック』に付いて、中止にするとの告知を報道関係者へ一斉に流しました。主催者であるファンケル社と主管をつかさどるPGAが、協議を重ね得られた結論です。

 中止理由としては、「ギャラリーや選手、ボランティアなど多くの人が開催地域に移動することにより、感染リスクが高まる」、事からだとしております。この結論に至るまでは、関係者間で様々な葛藤も有ったものと推測されますが、それらは下記の内容として集約出来るのだろうと思われます。

 1_2010年より10年連続で2万人越えの来場者数を誇る同大会が無観客で良いのか、2_観客を入れた場合もし集団感染が発生したならば、健康産業を標榜するファンケル社のイメージダウンは免れない、3_トーナメントの感動や喜びが来場者の2メートル間隔では得辛い、4_記念すべき20回大会がまるでお通夜の様では大会開催の意味が無い。

 静岡県の裾野カンツリー倶楽部を舞台に予定されていた同トーナメントの開催中止は、賢明な判断だったと言えますが、この無念は来年2021年に「倍返し」して頂き、最高のトーナメントへ仕上げて行ってもらいたいものです。お楽しみは来年へ、取っておきましょう。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ファンケルの挑戦は続く
『ファンケル クラシック基金』が3,585,539円を寄付