鶴カントリー倶楽部敷地内へ産廃が不法投棄される

  • 投稿日:
  • by

        鶴CC産廃不法投棄.jpg
            < 投棄場所より見える中コース3番ホール

 鶴カントリー倶楽部(栃木県)のコース管理課スタッフは、2020年4月18日(土)出勤途上の朝5時30分頃、クラブハウスへ向かう道路の右側斜面に、上記写真の如く産業廃棄物が、大量に投棄されているのを発見しました。ちょうどその場所は、スタッフがコース管理棟へ左折する所の向側、中コース3番ホールのグリーン上からも見える場所です。

 昨日まで無かったものが突如出現した訳ですから、何事が起きたのかと驚いた倶楽部では、その日の内に宇都宮中央警察署へ届け出たとの事です。当日及び翌日の2日間に渡り、現場確認の為に担当警察官が来ていると共に、20日の月曜日には宇都宮市役所へも連絡しております。

 廃棄物は原型を残さない様な形で破砕されてはいるものの、中には製造番号が記載されたエアコンの破片などを見つける事が出来ます。この様な投機物が、リサイクルに於けるどの様な過程のものかは分かりませんが、業務としている者でなければ、10トントラック2台分とも言われるこの量を扱う事は出来ないと思われます。

 市の廃棄物対策課では、私有地と言えどもこのまま放置しておく事は好ましく無く、投棄者が確定出来ない現状では、土地の所有者が自らの費用で処理して欲しいとしております。当該倶楽部の林支配人曰く、専門業者との打ち合わせが進んでいない現時点では、あくまでも推測の範囲だが、数十万円で済む話では無いのではと語っています。

 何故にこの様な事件が、発生したのでしょうか。当然誰しもが考えるのは怨恨関係ですが、支配人曰く思い当たるフシが全くないのと、当該地がゴルフ場の所有地である事はほとんど知られてない為、行きずりの犯行ではとしております。

 事件発生から約1ヶ月が経過するものの、COVID_19の影響からか警察や行政の動きも悪く、更には撤去に関する専門業者の見積リ作業も進んでいない様です。尚、会員からは同情的意見が多く、励まされているとの事。

 当該ゴルフ場の概略は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鶴カントリー倶楽部