PGAはシニアツアー2試合と後援競技1試合の中止を発表

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_kakochou.jpg 公益社団法人 日本プロゴルフ協会(以下PGA)は2020年4月14日、下記のPGAシニアツアー2試合と後援競技1試合の合計3試合を、中止にするとしました。

 これはCOVID_19の感染が今なお拡大している事、更には政府の緊急事態宣言の対象となった7都府県以外に於いても、同様の措置を取る自治体が出て来たなどの状況に鑑み、得られた結論との事です。

■ PGAシニアツアー
1.涼仙モアサプライズカップ2020
2.第21回スターツシニアゴルフトーナメント

■ PGAシニア後援競技
1.関文グループ鴻巣シニアオープン

 今年度に入り開幕戦と位置付けていた『金秀シニア 沖縄オープン』以来4試合が、立て続けに延期或いは中止と言う形になり、未だ試合が開催されておりません。ではこの様な中再開の目途を、どの様に立てれば良いのかとなると、独自判断も有り得るかも知れませんが、PGA関係者によれば専門家や政府の宣言待ちと言うのが、現実的対応になると考えている様です。

 り患者数の減少傾向と共に医療現場の回復、更には対処薬発見による安定した供給体制の構築、これらがある意味安心できる社会のメルクマールになるのだろうと思われます。しかしこれらは遠い将来の様にも思えてしまい、観客が密集し熱狂する様な試合の開催は、今しばらく難しいのかもしれません。

 とは言えPGAでは、開幕戦と第2戦はあくまでも延期で有り、現在も着々と日程調整如何で、開催を射程にいれているとの事です。特に『ノジマチャンピオンシップ』に至っては、2015年箱根山火山噴火で被害を受けた街を元気にしたい、と言う趣旨で始められたチャリティー色強いツアーですから、筆舌に尽くしがたい主催者の気持ちなのだろうと思われます。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ゴルフシーズンに入るもトーナメント中止相次ぐ