大洗ゴルフ倶楽部では名義書換料及び年会費を4月より値上げ

  • 投稿日:
  • by

        大洗GC_tact.jpg
                 < 大洗ゴルフ倶楽部

 茨城県の大洗ゴルフ倶楽部では2020年1月に開催された理事会にて、会員権の名義書換料及び年会費を4月より値上げするとして決議しました。これは当該倶楽部に於ける施設の老朽化対策や、気候変動の激しい外部環境などを考慮した場合、将来に向けた資金ストックは必要不可欠になっているとして、いわゆるリスク管理面からまとまったものです。

 又経営会社である株式会社水戸カンツリー倶楽部としては、66期及び67期と2期続けての赤字となった経緯から、この様な体質を脱却する為にも、諸費用の値上げはやむを得ないと判断されたものです。そしてこの値上げを会員へ依頼する事になる訳ですが、此処には会員制倶楽部としての質を維持したい、と言う願いが込められております。

 ビジターの来場者を増加させる事で、黒字へ転換させようとする営業促進策を取らない点に、いわゆる名門倶楽部としてのプライドを垣間見る事が出来ます。この様な中、値上げ幅に付いては、名門と言われる他クラブを参考にし、整合性を取れる様配慮したとの事です。

 今回値上げされる会員権の名義書換料は、下記の通りです。

名義書換内容 改定前(税込) 改定後(税込)
個人正会員第三者譲渡 1,100,000円 1,650,000円
相続継承手続き 550,000円 825,000円
法人内登録者変更手続き 550,000円 770,000円

 年会費の改定に付いては、下記の通りです。

会員種別 改定前(税込) 改定後(税込)
一般会員 55,000円 88,000円
地方会員 27,500円 44,000円
家族会員 55,000円 88,000円

 なお昨年の台風被害では、場内の樹木が30本ほど倒壊しました。倒木本数そのものは他クラブに比べ少なかったものの、小枝の散乱が酷く、2トンダンプで300台ほどの量を片付けたとの事です。この作業に延べ250人ほどが動員され、当該ゴルフ場は1週間以上のクローズを余儀なくされました。

 今年またこの様な台風被害が無いとは、何人も断言する事は出来ず、気象変動は多くのゴルフ場を苦しめています。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
大洗ゴルフ倶楽部
大洗ゴルフ倶楽部への入会手順