畑岡奈紗選手ゲインブリッジにて優勝逃す

  • 投稿日:
  • by

TACT-CHARA_kakochou.jpg 2020年USLPGAツアーの第2戦であるGainbridge LPGA at Boca Rio(以下ゲインブリッジ)は、米国フロリダ州のボカ リオ ゴルフクラブ(6,701ヤード_パー72)にて、1月23日から26日までの4日間開催され、日本の畑岡奈紗選手は、最終日最終ホールのボギーが致命的となり、4勝目を逃してしまいました。夕方5時過ぎの出来事でした。

 それではこの試合に於ける畑岡選手の4日間に渡る戦いを、簡単に振り返っておきたいと思います。

試合日 1日目 2日目 3日目 4日目
当日スコア 72 64 67 69
合計スコア 0 -8 -13 -16
順位 27位T 3位T 2位 2位

 16番ホールまでは畑岡選手が一打リードし首位としていたものの、首位スタートしたM サグストロム選手が17番ホールで畑岡選手に追いつき、共に17アンダーで最終ホールを迎える事になったのです。18番ホールをM サグストロム選手がパーとしたのに対し、畑岡選手のボギーは何とも悔しく、優勝を譲る事になってしまいました。

 先週から好調を維持している畑岡選手ですが、引き続きUSLPGAツアー4勝目を目指し、頑張って頂きたいものです。なお日本人選手は畑岡選手以外に3選手が参戦しており、結果は河本結選手9アンダーの8位タイ、横峯さくら選手5オーバーの63位タイ、上原彩子選手予選落ちと言う結果でした。

 関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
畑岡奈紗選手が2020年の開幕戦・ダイアモンドリゾーツで惜敗