ゴールド佐野カントリークラブは證券無しのプレー会員権

  • 投稿日:
  • by

ゴールド佐野CC_tact.jpg 栃木県のゴールド佐野カントリークラブでは現在の経営体制に移行して以降、会員制を継承しているものの、通常会員権と言われる證券を発行しておりません。関東広しと言えども、この様なクラブは数える程です。

 ですから会員権売買に当たり、譲渡人である名義人が用意するものは、自らの印鑑証明書とパス型会員証のみです。パス型会員証を紛失した場合は、「紛失届」にて処理が可能ですので、極論すれば印鑑証明書と実印の2点のみを用意すれば、良い事に成ります。

 現在同ゴルフ場を経営しておりますのは株式会社サクセスガーデン佐野(代表取締役_十文字弘美)ですが、2004年11月に前経営会社より同ゴルフ場を取得した折、会員の預託金債権を継承しておりません。この事から証拠證券とも言える、会員証券を発行していないのです。

 ですが預託金の無いプレー権のみのクラブは、今日多く存在しており、その様なクラブでも会員証券(会員権)は発行されております。この様なクラブでは、市場の流通過程で何らかしらの現物が無いとなると、不要なトラブルや或いは会員権売買がスムースに進行しない、などの現状を良く理解した上で判断されているのだと思われます。

 ゴールド佐野CCでは現会員より在籍証明書の発行を求められれば、速やかに対応するとしておりますので、当該クラブ会員権売買時に譲渡者は、名義人の印鑑証明書のみならず同書類も添付し、入会希望者へ引き渡してあげる事で、安心感をもった取り引きにつながって行くものと思われます。

 要らぬトラブルは極力避けたい、これは誰しもがどんな時でも有している心理だと思われます。

 当該ゴルフ場の概略及び関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
ゴールド佐野カントリークラブ
ゴールド佐野カントリークラブでは10月1日より会員権の名義書換開始