鶴舞カントリー倶楽部は再入会及び重複所有不可

  • 投稿日:
  • by

        鶴舞CC東4番.jpg

 千葉県の鶴舞カントリー倶楽部では、一度退会した方の再入会を認めておりません。預託金返還による退会で有ろうと、自らの会員権を第三者へ譲渡しての退会で有ろうと、退会の中身は不問であり二度と会員にはなれないのです。大変厳しいものであり、また若干の窮屈さをも、感じさせられてしまう内容と言えます。

 例えば平日会員の方が正会員へ移行したい、この様な希望は叶うものなのでしょうか。一度平日会員権を売却してしまうと二度と入会出来ませんので、平日会員である内に正会員権を取得し入会申請する必要が有ります。しかし此処にも大きなハードルが、待ち構えております。

 現在の規定では会員権の重複所有が、出来ない事に成っております。平日会員権と正会員権2件を、同時に所有出来ないのです。八方ふさがりとも言えるこの状況を、移行希望者はどの様に打破したらよいのでしょうか。この点に付いて倶楽部では、1ヶ月程度であれば、重複所有を認めるとしております。

 1ヶ月ほどで平日権の購入者を見つけて欲しいとしているのですが、これは単に売買が済めば良いと言う内容では無く、平日権取得者が速やかに入会申請する必要が有るのです。なかなか難しい注文とも言えます。自らの平日権を購入して下さる方を見つけると共に、正会員権を取得し入会申請すると言う、フットワークの良さが移行者には求められます。

 これらの規定は現体制になる以前から、今日まで継承されている様ですが、見直す時期に来ているのでは無いでしょうか。例えば重病を患い身辺整理をした会員が、奇跡的にも一命をとりとめ、健康維持の為に又同倶楽部へ入会したいなどの健全なるニーズを、汲み取る事が出来ないシステムは、違和感のみが残ると言わざるを得ません。

 なお関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
鶴舞カントリー倶楽部は12月16日より会員権の名義書換を再開