会員資格の移籍を太平洋クラブが推進

  • 投稿日:
  • by

太平洋クラブ_tact.jpg 太平洋クラブでは2019年10月中旬より、太平洋アソシエイツ及び関西エリア会員を対象に、太平洋クラブ会員への移籍を奨めております。希望者は同クラブのWEBサイトより関係書類を取り寄せ、来年の2020年1月以降に具体的な手続きを行う事になります。

 今回の移籍会員数は100名と限定されている事から、同クラブでは1月以降先着順にて受け付けるとしております。では今回移籍に当たり、どの様な資金負担が必要なのでしょうか。今回はそれぞれの募集価格に於ける、差額分を納入する事で手続きが完了します。その概要は下記の通りです。

アソシエイツ会員種別 必要金額(税込)
正会員 297万円
パーソナル会員 187万円
パーソナルプラス1会員 209万円
コーポレート会員 231万円
関西エリア会員種別 必要金額(税込)
正会員 368.5万円
パーソナル会員 231万円
パーソナルプラス1会員 258.5万円
コーポレート会員 280.5万円

 株式会社太平洋クラブでは今年の8月に千葉県の八千代ゴルフクラブを取得しておりますが、同ゴルフ場も太平洋クラブ正会員利用可能コースに組み込まれている事から、移行した会員も当然利用可能と成ります。同ゴルフ場はスループレーを基本スタイルとして、2020年春にグランドオープンする予定です。

 このコースも含めた国内利用可能数は、18コースに成ります。更に海外で提携している26コースを含めれば、その利用価値は大いにあると言えます。なおアソシエイツ会員及び関西エリア会員で預託金額の有る場合は、どの様な処理が可能なのか相談させて欲しいとクラブではしております。

 当該クラブの概略と関連する以前の記事は、下記のリンクよりご確認頂けます。
太平洋クラブ
八千代ゴルフクラブが8月より太平洋クラブによる運営へ
太平洋クラブ御殿場コース改修の狙いをリース・ジョーンズ氏語る